発電の神様へようこそ。

当ブログでは、いろいろな発電についてご紹介したいと思います。

原始時代なら発電なんて不要でした。

ところが現代ではどうでしょうか?発電はなくてはならないものになってしまいました。

発電は、あって当たり前と思っていませんか?まるで空気のように。

発電はある日突然なくなる可能性があります。巨大地震でもくれば電気なんて簡単に止まってしまうのです。

そうです。発電しなくなるかどうか、それは発電の神様しだいなのです。

発電しなくなるとどうなるのか?

少し想像してみましょう。

もし、今日、日本中の電気が止まったらどうなるのかを・・・

あなたの生活は一変するでしょうか。

それとも普段と何も変らない生活をしているでしょうか。

あなたが浮浪者だったり、キャンプをしているなら全然普段と変らないかもしれません。

でも、テレビを見るたりパソコンをしたり、携帯電話を使ったりしていると情報が断たれてしまうため、非常に不便どころか、不安になり恐怖を感じる人もおられるのではないでしょうか。

情報が入らない、離れたところにいる人とは連絡がとれない。こんな不安なことはないのかもしれません。

電気が止まると不便なのは情報だけではありません。

エアコン、暖房器具、冷房器具などを使っているひとは、とても耐えられないような毎日になるのではないでしょうか。

夏なら蒸し風呂のような室内、冬なら凍りつくような寒い部屋で仕事をしなければいけません。

それから冷蔵庫や電子ジャー、電子レンジも使うことはできませんので生ぬるい飲み物を飲む必要があるでしょう。

電気が止まると、はたしてあなたはどこまで耐えることができるでしょうか?